VOICE
生徒さんの声

コントローラーダンススタジオで受講している
生徒さん達の経験談です

  • 八重樫希光 (北上校育成クラス)

    私は7歳の頃からこのスクールへ通っています。はじめは難しいことばかりでしたが、日に日にできることが増えていくと本当に楽しいです!スクール内では他の学校の子がほとんどで、みんなで仲良く頑張っています。また、地域のイベントや発表会など、ダンスを披露する場面が沢山あります。最近では、バトルやコンテストにも出場しています。とても緊張しますが、今までの練習の成果を発揮できてとても達成感があります!これからも日々努力して、自分のダンススキルを上げていきたいです。

  • 八重樫 菜那 (北上校キッズHOUSEクラス)

    ダンスを始めたころは、難しくてうまく踊れませんでしたが、先生たちが優しく教えてくれるので、今では楽しく踊れています。
    また、ダンスには色々なジャンルがありますが、自分にあったダンスを教えてもらえるので、楽しみながら踊れています。たくさんのイベントに出演できるのも楽しみの一つです。
    これからもレッスンを頑張り、ダンスの楽しさを一つでも多く学びたいと思います。

  • 本間来未 (北上校キッズHOUSEクラス)

    私は年長の時から小2までクラシックバレエを習い、その後ダンスを始めました。コントローラーには小4の時に入りました。ハウスはステップが難しいけど、踊れば踊るほど出来るようになるのが楽しいです。先生もていねいに教えてくれるので、毎週レッスンに行くのがとても楽しみです。たくさんのイベントにも参加できるし、これから色々なイベントにも出て、ダンスを続けていきたいと思います。

  • 浅水嘉恋 (北上校キッズKARUクラス)

    コントローラーでは、他校や他学年の子たちと一緒にレッスンを受けています。みんな仲良く毎週楽しいです。色々なイベントに参加したり、年に一度の大きなステージでの発表は、すごい達成感で最高です!先生達みんなカッコよくて、私の憧れで目標です。先生のダンスに近づけるようにがんばりたいです。

  • 三浦羽音 (北上校キッズKARUクラス)

    私は小学校1年生の時にダンスを始め、もっと本格的なダンスのレッスンを受けたいと思いコントローラーに入りました。バックダンサーや特設クラスに挑戦して、そこでダンスを通じて違う学校の友達とも仲良くなれて、とても楽しいです。毎年ある大きなイベントの他に、祭りなどでも発表があり、色んな人に見てもらう機会が多いので練習にも力が入ります。見ている人を魅了させるダンスを踊れるように頑張ってます。

  • 小原瑠唯奈 (北上校キッズHOUSE クラス)

    わたしがダンスを始めたのは4才になる少し前からです。初めはダンスの楽しさが分からず、ダンスをやりたくないと思っていました。でも、だんだんダンスの楽しさが分かってきて、むずかしかったステップも出来る様になりました。そして、レッスンでたくさんお友達が出来たので、とてもうれしいです。発表会はもうなれて、人前でおどるのはあまりはずかしくありません。これからもダンスを頑張って、姉みたいにカッコよくおどれる様になりたいです。

  • 畠山心緒 (北上校キッズAYAKAクラス)

    私がダンスを習い始めたきっかけは、知り合いの発表会を見に行ったときにダンスへ興味がわき、年長で始めました。最初はレベルに追いついけなくて苦戦しましたが、テストで上のクラスに上がることができたときは嬉しかったです。今は好きなジャンルでレッスンができ、自分の個性も出せて表現力も身についているのでとても楽しいです。

  • 吉田杏 (北上校キッズHOUSEクラス)

    初めはステップも難しくて大変でしたが、たくさん練習をしてできるようになりました。どんどん楽しくなってもっとダンスが好きになりました。そして、レッスンでたくさんのお友だちが出来たので嬉しいです。発表会でたくさんの人の前で踊るのは恥ずかしかったけど、楽しかったです。またたくさん練習をして、かっこいいダンスができるように頑張ります。

  • 阿部真香 (北上校KARUクラス)

    私はコントローラーでダンスを始めたのは4歳からでした。先生達はみんな明るくて優しく指導してくれるので、楽しくレッスンを続けられています。コントローラーで年1回のさくらホールでの発表会や、その他色々なイベントへ出る事もあります。また最近では、ダンスバトル出場の機会もあり、ソロダンスにも力を入れ自分自身の練習次第で楽しみが広がっています。

  • 白鳥瑠菜 (北上育成クラス)

    レッスンでは他校の友達と一緒に基礎から学び、ステップやウェーブなどの応用や、音楽に合わせて自由に身体を動かしています。その中で、自分の好きな曲がかかるとテンションが上がり、改めてダンスの楽しさに気づきます。また、発表会に向けての振り付けでは、手足の角度、目線、表情、立ち位置などに気をつけて日々練習しています。そして、発表会では皆と達成感を味わうことかでき、とても嬉しい気持ちになります。

  • 作山礼菜 (北上校キッズAYAKA クラス)

    ダンスをはじめてもうすぐ2年です。年長の時に、お父さんにダンスをやりたいとおねがいして、コントローラーに入りました。ほかのみんなと体をうごかすのはたのしいし、発表会やハロウィーンのイベントでおどるのもたのしいです。発表会でほかのクラスの人がおどるのを見て、かっこいいな、すごいなと思います。わたしのしょうらいのゆめは、ダンスの先生です。まずは、初級3にあがれるようにがんばります。